fc2ブログ
「せこにー」の予想ブログ
せこ《先行》にー《逃げ》が好きな私「せこにー」が競馬で最も回収率が高いとされている「先行、逃げ馬」で回収率のUPを目指す予想ブログです。
【予想】宝塚記念《G1》
先週は諸事情により、全く更新が出来ず申し訳ありませんでした。
今週は先週の分も巻き返す様に頑張って行きたいとおもいます。
今週末は雨予報ということもあり、馬場が渋る事が予想され、重馬場適性が問われる事となりそうな点と馬場が渋れば先行有利になるという点から予想していきたいと思います。

レース傾向
4歳馬が強いレースで、過去10年で5勝して2着が2回。5歳以上が勝った年は、前年のクラシック勝ち馬が不在か、あるいはレベルが低かった年に限られています。とくに前年春の牡馬クラシック勝ち馬は過去10年で[3 1 2 2]と安定しています。

定量58キロ(牝馬は56キロ)はふだんは背負う機会が少ない斤量です。天皇賞組と安田記念組がこのレースで優位なのは、両レースも定量58キロであることも理由のひとつと考えられます。前走の斤量が56キロ以下だった牡馬の連対は、過去10年でナカヤマフェスタの1例のみ。



◎=キタサンブラック
昨年のクラシックやドバイでその絶大な強さを見せつけたドゥラメンテだが、今回は初の阪神、初の渋った馬場、初の斤量58kgと初めての事だらけ。ペースが緩そうなのに加えて内回り、渋った馬場となればあの強烈な差しも届かない可能性が大いにある。ここは無印でいかせてもらいます。そこで本命に推すのがキタサンブラック。この馬についてはあれこれ言うまでもなく、今回入念な仕上げでデキは万全で、いつもの競馬をすれば内回りに渋った馬場が味方し押し切れるだろう。

調教:CW 重 81.5-66.9-52.9-38.8-12.0 馬也
クールヤシャマル強めを6Fで0秒3追走1F併せで併入
状態は高いレベルで安定している。期待大。

宝塚記念で好走歴がある武豊Jなら上手にペースを作り押し切り勝ちへ。


〇=カレンミロティック
前走の天皇賞(春)はそこまで状態が良く見えなかったが、ほぼ勝ちに等しい内容の競馬を見せた。もう8歳だが衰えは感じられず、状態は前走時よりもグンと上向き。前で運べるのも強みで、一昨年にも好走歴もあり、ここは一発があっても不思議ではない。

調教:栗坂 重 52.8-37.9-24.5-12.2 一杯
叩き3走目で更に更に上向き。大駆けムード。

乗り替わりは余りプラスとは思えないが、今年は好調なベリーJの勢いがあれば。


▲=ラストインパクト
前走のドバイシーマでは注目がドゥラメンテに向く中、この馬も3着と善戦。やはり能力は高いと再確認した。状態も遠征帰りでも上向きで休み明けでも問題なく動ける仕上がり。これまで渋った馬場での好走歴がないが、母父がティンバーカントリーなので渋った馬場でもこなせる血筋。2歳時に阪神で好走歴があるのも魅力でこの馬も一発が狙える。

調教:CW 重 82.9-66.5-51.8-37.8-11.6 一杯
シャドウダンサー一杯を6Fで0秒8追走1F併せで0秒1先着
ビバパーチェ強めを6Fで1秒6追走1F併せで0秒4先着
時計と動きは抜群にいい。好気配。

ダービーJの川田Jなら人気に反し好走可能。位置取りを意識するコメントもあり、好位からの競馬で一発を。


買い目

単勝  ◎ 3k
三連単 ◎→〇→②⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫⑬⑯ 0.1k
    ◎→②⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫⑬⑯→〇 0.1k
    ◎→▲→②⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫⑬⑯ 0.1k
    ◎→②⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫⑬⑯→▲ 0.1k
ワイド ◎〇 1.5k
    ◎▲ 1.5k

>>続きを読む
スポンサーサイト



【予想】エプソムC《G3》
今週はいかにも平穏そうなエプソムCと、いかにも荒れそうなマーメイドSとがありますがここはメンバー構成を見たときにこれだと思いました。エプソムCは例年前めの馬が好走する傾向があるのに加え、メンバー的に先行馬が少ない事もありスローペースが見込まれる。ここは先行馬でしっかり的中を狙っていきたい。

レース傾向
最近6年間で4歳馬が5勝。そのうちワンツーを決めたことも4回あります。なかなかGIIIレベルを突破できないベテランよりは、勢いのある4歳馬を主力にとるのがセオリーです。

このレースで絶好調なのが「内枠」で、過去10年で馬券に絡んだ馬のなんと半数が、馬番1~6番に集中。内外での成績差も非常に大きく、この時期の東京らしい高速馬場の影響を、強く感じる結果である。今年は例年よりフラットな馬場だと思うが、それでも内枠はやはり侮れない。

◎=ロジチャリス
メイSを勝ってのオープン入りですが、もともと2歳時から重賞級の素質を謳われていた馬でここでも格下感は感じられません。何より前にも行ける自在性があるのが魅力で、このメンバー構成ならペースも緩くなり好位につけることができればそうそう差されることはないだろう。ここは展開の利があり好走の期待大。

調教:南W 良 83.6-67.6-52.9-39.6-12.3 馬也
ショウナンマラーク一杯を6Fで0秒4追走1F併せで併入
デキ落ちなく好調維持。終いの脚にも伸びを感じて好印象。

福永Jとはこれまで3戦3勝と抜群の相性。ここでも。

〇=マイネルミラノ
最初のコーナーまでの距離が長いコースのほうがマイペースでハナに立てるので能力を発揮しやすいようです。その意味で東京芝1800mは悪くないはずで、このメンバーでは持ち時計の比較でも優位に立ちます。強気の積極策に要注意。

調教:南W 良 69.7-54.4-40.3-13.2 馬也
多少ではあるが良化の気配はある。調子はいい。

思い切りのいい柴田Jなら一発を期待できる。ロゴタイプのように…。

買い目

単勝  ◎ 3k
ワイド ◎-〇 3.8k
三連単 ◎-〇-全 各0.1k
    ◎-全-〇 各0.1k


>>続きを読む
【回顧】安田記念《G1》
先手を取ったロゴタイプが、そのままゴールまで逃げ切り、2番手追走から食い下がるモーリスに1.1/4馬身差をつけ優勝した。さらにハナ差の3着にフィエロが入った。
◎=ロゴタイプ      ⇨1着×
〇=ロサギガンディア   ⇨9着×
▲=クラレント      ⇨8着×
馬券
ハズレ
ロゴタイプしてやったり!軽快な逃げからの粘りこみG1奪取。大金星をあげることができましたね。馬券はというと…本命は頑張ったんですが他が…特にロサギガンディアの出足がつかなかった点は非常に悔しい所です。やはり先行は馬券になりますね、しかしものにしなくては意味がないんでがんばります。
>>続きを読む
【予想】安田記念《G1》
G1シーズンも終盤に。そして今週は安田記念ですね。過去の結果から人気薄の先行馬が穴をあけることがしばしばあります。しかも日曜日は午前中雨予報で、馬場が渋れば番狂わせも大いにあり得る。そこで今週は先行馬でおいしい思いができるよう狙っていきたいとおもいます。

レース傾向
ショウナンマイティが5歳時と6歳時に2、3着、グランプリボスも4歳時と6歳時に2、2着。ストロングリターンも5歳で2着して6歳で勝っているように、キャリア豊富なベテランのリピーターが活躍できるレースです。

2010年以降レースの高速化に伴い、前走でより短い距離を使われていた馬の活躍が目立つようになりました。具体的には近5年で4連対の京王杯スプリングC組に警戒が必要です。

◎=ロゴタイプ
前走のダービーCTはトップハンデの58kgを背負って粘りのある先行策で2着と好走。今回は前走以上に楽に先行できそうなメンバー構成で絶好の舞台ではないでしょうか。ハンデ差も無くなり、休み明けから3走目と更に上向くだろう。ローエングリン産駒なら馬場が荒れても苦にしないだろう。

調教:南W 良 71.5-55.8-40.6-14.3 馬也
乗り込み量豊富で動きも軽快。好仕上がり。

先行策には打ってつけの田辺Jの鞍上なら人気薄でも期待が持てる。

〇=ロサギガンティア
前走の京王杯スプリングC組では、勝ったサトノアラジンよりも休み明けの一戦を叩かれた上積みが見込めるロサギガンティアの方が上に思えます。1400mでも通用する瞬発力もありますし、荒れた馬場も苦にしないフジキセキ産駒という店に加え、3枠と好枠も引けた事で好走の期待がぐんと高まる。

調教:南W 良 68.1-52.3-38.5-12.6 馬也
サトノギャラント馬也を5Fで0秒6追走1F併せで併入
アヴニールマルシェ馬也を5Fで1秒3追走1F併せで併入
馬也ながらも全体時計優秀で終いの脚もキレがある。

人気薄でもMデムーロJなら上位が狙える。

▲=クラレント
前走は休み明け2走目でやってくれましたね。人気薄で先行策からフィエロに0.3秒先着と大健闘。今回は好走実績のある左回りになる事でクラスは上がるが、条件も好転する事で他に引けをとらないとみる。最内枠からロスなく先行策で運べば上位も十分に狙える。

調教:栗坂 良 52.7-38.4-25.4-12.7 強め
レッドアリオン馬也と併せで併入
でき落ちなく上々の仕上がり。

内枠から先行し無理なく運ぶ事ができればおのずと結果もついてくるはず。

買い目

ワイドB ◎〇▲ 各3k

>>続きを読む
【回顧】目黒記念《G2》
中団でレースを進めたクリプトグラムが、直線で外から脚を伸ばして各馬を差し切り、最後は同馬の内で追いすがるマリアライトをクビ差退け優勝した。さらに3/4馬身差の3着にヒットザターゲットが入った。
◎=マドリードカフェ   ⇨12着×
〇=マリアライト     ⇨2着
馬券
ハズレ
期待していたマドリードカフェは輸送の影響が14kg減に…。それが響いたのか直線で大失速!粘り強さが持ち味なのにああなっては太刀打ちできませんね。マリアライトの牡馬にも負けない強さは健在でしたね。今後もますます成長が楽しみな1頭です。
>>続きを読む